クラウド時代の次世代データセンターへEMCの挑戦 - 情報インフラストラクチャの仮想化 | EMCジャパン | Tech Community

情報インフラストラクチャの全体最適を行うために必要な、EMCが提供する情報管理に関する最新のテクノロジーをご紹介しています

1  2  次へ

次世代データセンターの中核、プライベートクラウド

企業のITは、これまで効率化などの様々な施策を講じてきたが、IT予算の7~8割は既存システムの運用に使われているのが現状だ。そのような中、昨今の経済事情を反映して、クラウドという概念が登場した。しかし、クラウドはデータを外に持たせることから、一朝一夕に導入できるというものではない。そのため、クラウドの仕組みを上手く取り込んだ企業向けの新しい発想が必要となる。EMCでは情報インフラに加えて、VMwareなどを使った仮想インフラを加えて、次世代インフラを構築し、クラウドを効果的に組み合わせられる次世代データセンターの構築を提案している。ここで重要になるのが、選択肢、コントロール、効率化だ。次世代データセンターを構築するには、この3つが重要なキーワードになる。

このような環境を構築するためにEMCでは全体最適を推進している。既存のシステムではアプリケーションに紐付いており、サーバ、ストレージ、バックアップなどのインフラが、サイロ型に構築されている。アプリケーションは数年から10年くらいまで利用するものもありライフサイクルはまちまちだ。つまり、アプリケーションとインフラとのライフサイクルは違うことが多いのだ。そのため、アプリケーションとインフラとを疎結合にすることが重要だ。具体的には業務を重要度に応じてクラス分けする。同様にインフラも処理速度やコストに応じてクラス分けをしたリソースプールを作り、プラグインのように業務を接続する。


クラウド時代の次世代データセンターへEMCの挑戦 図1

この全体最適化して、インフラを共通プール化することで、コストダウンを生み出すことができる。サーバは昼と夜ではずいぶん稼働率が違う。そのため、リソースを使っていないときに作業を割り振ってやることで、リソースの平準化が可能になる。そのためには、サーバをティアごとにクラス分けして、共通プール化されたインフラが疎結合化されていることが重要となる。これにより、短い時間単位で効率化が行われるようになり、コスト削減につなげることができる。

このような全体最適化のキーテクノロジーとして仮想化がある。この仮想化は以下にたくさんに広げていくかが重要だ。たとえば、デスクトップを仮想化することで、夜中にリソースが空き、ネットワークやストレージなどのリソースが有効活用できる。


クラウド時代の次世代データセンターへEMCの挑戦 図2

次に効率面だけでなく運用面について考えよう。ここで重要なのは時間とともに変化するワークロードに対してどのように運用を最適化していくかだ。このためにはインフラのプールに対して横断的なキャパシティの最適化・自動化が必要だ。そのためには、企業には絶対に止められないアプリケーションがある。このようにビジネスの優先順位に紐付いた運用管理が必要となる。
 
長期的に見ると、突発的に発生する需要に対して直線的にIT投資をすることでしか対応することができなかった。そのため融通が聞かずに無駄な設備投資やビジネス損失が起こっていた。次世代のインフラでは外部のインフラをうまく利用しながら実際の需要にあわせた投資が行えるプライベートクラウド環境重要になってくる。しかし、そのような環境はセキュリティの面から考えても企業にとって大きなチャレンジとなる。


クラウド時代の次世代データセンターへEMCの挑戦 図3

EMCが考えている次世代データセンター環境では、持っている恒久的なリソースは仮想化してインターナルクラウドとして利用し、不定期や短期のリソースが必要になったときには、外部にあるエクスターナルクラウド環境を含めて、内外のリソースを自由に選べるようにする。このようにインターナルクラウドとエクスターナルクラウドが連携できる環境がプライベートクラウドだ。


クラウド時代の次世代データセンターへEMCの挑戦 図4

このようなプライベートクラウド環境を構築するためには3つのポイントが挙げられる。まず標準化+インフラとアプリケーションの疎結合化だ。これにより外部リソースも選択肢の一つとなる。つぎにインフラを横串で管理し効率化する。これによりインフラの自動化が可能となる。最後に仮想化があげられる。

プライベートクラウドを実現するためには、VMwareのクラウドOS、Ciscoのユニファイドネットワーク、EMCの仮想情報インフラが総合連携した統合環境が有効になる。

次ページへ続く >>

1  2  次へ

著者プロフィール

雨堤 政昭
EMCジャパン株式会社 
テクノロジー・ソリューションズ本部 プロダクト・ソリューション統括部
シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャー

関連する製品

Symmetrix V-Max ~ 次世代データ・センター向けのハイエンド・ストレージ
FAST ~ 情報を自動仕分けする「FAST」の概要
CLARiXファミリ ~ ミッドレンジ・ネットワーク・ストレージ
Celerraファミリ ~ 容易に導入・管理可能な高可用性IPストレージ
RecoverPoint ~ インテリジェントなネットワーク・ベースのデータ保護とリカバリ
Ionixファミリ ~ ストレージ運用に関するアイテム情報を一元管理し、ストレージ・インフラを最適化

その他関連コンテンツ