Global Sales Contact List

Contact   A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

« ユーザ会

仮想化分科会~運用管理について~

 

第4回仮想化分科会 開催報告 (2013.10.18)

10/18(金)に第4回仮想化分科会~運用管理について~が開催されました。
10社11名の会員の方が参加しました。

最初に、前回の議事メモとホワイトボードの内容の振り返りを行いました。
その後、分科会リーダーの黒田様より、今までの分科会の内容をまとめた資料を発表頂き、その資料をベースにディスカッションを行いました。

ディスカッションの中で、物理サーバーから仮想サーバーに変更する事での運用負荷に関して等意見交換をすることで、知識を深めていらっしゃいました。
今回のディスカッション内容を体系化し、仮想化分科会として総会で発表します。

終了後のアンケートでは、課題を共有できた、業界の違う各社の現状が理解でき有意義だった等とご感想を頂きました。

第3回仮想化分科会 開催報告 (2013.8.23)

8/23(金)に第3回仮想化分科会~運用管理について~が開催されました。
今回、10社11名の会員の方が参加しました。

前回に引き続き、「運用管理の複雑化について、成功事例と苦労された点」について、メンバーの方から発表いただきました。

その後、フリーディスカッションの後、他社の取り組みを聞いて、新たに気づいた点、ぜひ、やってみたい点をメンバーそれぞれの方から発表しました。
「企業風土・価値基準により、運用管理に求めることが変わってくるため、王道的な運用管理ツール・方式があるわけではないことに気づいた。」や、具体的に、「AさんがおっしゃっていたBという取り組みが参考になり、自社でもよってみようと思った」等、様々な意見がでました。

次回の最終回では、皆様からの意見を体系化し、ユーザ分科会として最終まとめとする予定です。

第2回仮想化分科会 開催報告 (2013.6.21)

6/21(金)に第2回仮想化分科会~運用管理について~が開催されました。
今回、9社10名の会員の方が参加しました。

まず、今回から新たにご参加された4名の方から、自己紹介ならびに、自社の仮想化への取り組み状況や運用管理での課題等のお話しをいただきました。

その後、EMCジャパンの吉田から、「運用が複雑化している背景と最新動向」について10分程の話がありました。

今回は、事前に宿題として、「運用管理の複雑化について、成功事例と苦労された点」をまとめ提出いただいておりました。
分科会では、それぞれの内容を順番に発表していただくと共に、発表内容について、参加者の方々から質問がでました。
「障害対応時の優先順位は、うちの会社は、こうしているが、みなさんはどのようにつけているのですか?」
「ホストにどれだけのサーバをのせていますか?その基準は、どのように決めていますか?その際のインフラ側の責任範囲は、どこまでですか?」
など話しは尽きず、あっという間に、終了時間になってしまいました。
2回目ということもあり、前回より、みなさん打ち解けられ、積極的に質問をされていました。

第三回目は、同じテーマで引き続いてのディスカッションと、最終回に向けて、この分科会のアウトプットをどのようにしていくかの議論を行う予定です。

第1回仮想化分科会 開催報告 (2013.4.19)

4/19(金)に第1回仮想化分科会~運用管理について~が開催され、9名の会員が参加しました。

はじめに、参加者全員から、自己紹介ならびに、自社の仮想化への取り組み状況や運用管理での課題
今後の分科会で取り上げていきたいテーマを等をお話しいただきました。

分科会リーダーの黒田様から、IDC予測の「2012年に仮想マシンと物理サーバーの出荷台数が逆転
~仮想マシンが普及するも運用管理はおざなりに~」の記事のご紹介ならびに、黒田様の考える仮想化課題についてのご説明がありました。

その後、皆さんからあがった意見を元に、何をテーマに活動を進めていくかのディスカッションを行い
今後の取り上げるテーマや進め方などを決定しました。
第二回目は、運用管理の複雑さが増す中、各社がどのような運用管理ツールを使っているのか、どのようなことができるのかを情報共有行い、議論を深めることになりました。
第三回目は、仮想化のバックアップをテーマに行う予定です。

第一回目ということもあり、初対面同士の会員の方ばかりで、当初は少し皆さんが遠慮がちでしたが、
分科会後の懇親会で、皆さん、なごやかに、楽しい会話で盛り上がりお話しされていらっしゃいました。

メインテーマ 「仮想化分科会~運用管理について~」
趣旨 仮想化環境における運用管理のナレッジ、失敗事例等を共有し、運用管理がどうあるべきか議論することで、運用管理のTipsをまとめることを目的とします。
活動指針
  • 仮想化分科会では、参加者の皆様に、分科会を通じて意見交換・情報交換を行って頂くことで、仮想化における運用管理に対する知識・経験の向上、親睦を図る場とさせていただきます。
  • 分科会会員の皆様は、自社/自身の課題や取組みの発表ならびにディスカッションへの積極的な参加をお願いします。
  • 分科会は、隔月での開催を予定しております。
  • ご参加いただく方は、原則、毎回参加する前提でご参加ください。
  • 会場はEMCのファシリティをご利用いただけますが、状況により会員皆様の勤務先をお借りできないか打診させていただく場合がございます。
  • 5社以上のご参加で開催いたします。
進行形式
  • 特定のトピックに対する各社の課題や取組みの発表
  • メンバー同士のディスカッション など
参加資格
  • 当ユーザ会の会員の方
  • サーバの仮想化を実施しているユーザ企業の方々で 運用管理に課題をお持ちの方
  • 原則、4回を通して出席できる方
開催期間・予定 2013年4月~10月 (計4回)
 第1回: 2013年4月19日(金) 16:00-18:00
      自己紹介を兼ね、仮想化の取り組みをそれぞれ10分紹介
 第2回: 2013年6月21日(金) 16:00-18:00
      集中討議
 第3回: 2013年8月23日(金)  *予定  16:00-18:00
      集中討議
 第4回: 2013年10月18日(金)  *予定 16:00-18:00
      まとめ
お申込方法 こちらのお申込は終了致しました。

お問い合わせ

EMCジャパン ユーザ会事務局
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
EMCジャパン株式会社 マーケティング本部内
Email : JPN_userkai@emc.com

Notes:
Connect with EMCConnect with EMC
EMCカスタマ サービスチームのスペシャリストに、ライブ チャットを使って直接リアルタイムで質問することができます。
EMC製品についてのお問い合わせをお送りいただくと、1営業日内にEMCの営業担当者よりご連絡を差し上げます。